なぜリーダーシップは必要だといわれるのでしょうか?


12のリーダーシップストーリー

課題は状況対応リーダーシップ®で乗り切れ

アマゾンでのお求めはこちら

 

リーダーシップ研究アカデミーメインサイト

 

ふつうの人たちのふつうの活動

人とかかわり、人に働きかけ、なにかを成し遂げていく、創っていく

これはまさにリーダーシップです。

 

特別のだれかのものではありません。

 

 

 

 

「なんで全員にリーダーシップを求めるの?」

 

こういったこと、聞かれたことないですか?

あるブログに、次のように書かれています。

 

*************
なんで全員にリーダーシップを求めるの?
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20110927

欧米(特にアメリカ)の教育機関に入学申請をしたり、外資系企業の面接を受けると常に聞かれるのが、「あなたのリーダーシップ体験について話してください。」という質問です。

大学の入試エッセイで書かされ、面接でも過去にどんな場面でどうリーダーシップを発揮したかと事細かに聞かれます。もちろん入社してからも、リーダーシップは主要な評価項目のひとつです。

一方、日本ではリーダーシップについて問われる機会はごく限定的です。中には「今まで、一度も問われたことがない」という人さえいるでしょう。

なので、その概念自体あまりよく理解されていません。たとえばちきりんがよく受ける質問のひとつは、「欧米ではなぜ全員にリーダーシップを求めるのか?」というものです。

質問の意図は、「組織を率いるのはごく少数の人のはず。彼らだけがリーダーシップをもてばいいのに、なぜ大学入試や採用面接で全員にリーダーシップを求めるのか?」とか、「10人のチームで10人が強いリーダーシップを持っていたら、チームとしては巧く動かないのではないか?」といったところでしょう。

これらの質問はごく常識的なものだと思います。そして答えはシンプルです。

全員にリーダーシップがある組織は、一部の人にだけリーダーシップがある組織より圧倒的に高い成果がでやすい」んです。だから学校も企業も、欧米では(&外資系企業では)全員にリーダーシップを求めるのです。
**********

だとしたら、より多くの人がよりわかりやすく学習できるリーダーシップ学習が望まれます。

状況対応リーダーシップ®(S.L.理論®, シチュエーショナル・リーダーシップ)というリーダーシップ・モデルを聞いたことはありませんか?

大政治家や成功した経営者、カリスマなどのリーダーシップがマスコミによくとり上げられますが、そういった特殊な人々の特殊な能力ではなく、「だれでも習得できるふつうの人のリーダーシップ・スキル」として開発されたモデルが、状況対応リーダーシップ®モデルです。

 

そして、このモデルに基づくリーダーシップ・スキルが、状況対応リーダーシップ®スキルです。

状況対応リーダーシップ®スキルは、職場だけではなく、家庭内で、夫婦間で、友人知人の間で、サークルで、人間活動があるところであれば、どこでもうまく使えます。